PRIVACY プライバシー

2020-02-14
カテゴリトップ>電子ピアノ・キーボード・シンセサイザー・リズムマシーン>シンセサイザー/オルガン/音源モジュール>access
access
Virus TI2 Keyboard 【メーカー蔵出しアウトレット特価品】
【アクセス】【バイラス キーボード】【送料無料】
※メーカー蔵出し!アウトレット扱いですので、メーカー保証付きです!早い者勝ち!メーカーによる出荷前チェック済みの商品です。 付属品完備、お買い得なこのチャンスをどうぞお見逃し無く!!

ハードウェア・シンセサイザーとバーチャル・インストゥルメント・プラグインの最強タッグで数々の賞に輝くVirus

プレイヤーが求めるシンセサイザーを具現化したVirus TI2 Keyboardは、タッチの良い61セミウェイテッド鍵盤やペダル端子を搭載。
木製のサイド・パネルにより得られる強力なグリップ感で、持ち運びも簡単に行えます。
3,300種類以上ものオンボード・サウンドを搭載し、ジャム・セッションの最中もプレイヤーのインスピレーションは広がり続けていくでしょう。

Virusの世界へようこそ

Virusシリーズは、エレクトロニカからサントラまで、様々なジャンルの音楽に欠かせないシンセサイザーの一つと言えるでしょう。
高いフレキシビリティと強力なサウンドに加え、DAWソフトとの相互リンクを可能にするトータル・インテグレーション機能は、数々のアワードに輝き、世界中で高い評価を得ています。

初代Virusを発表したのは1997年。その後も絶えず改良を加え、ハードウェア・シンセサイザーとしての機能やそのポテンシャルは進化し続けています。
なぜこれほどまでにVirus TIシリーズが求められているのでしょうか?なぜ世界中のユーザーやプレス、そしてファンの方々から大いなる賞賛をもって受け入れられているのでしょうか?それは、我々の研究を惜しまない姿勢こそが、その理由なのです。

Virusは、数多くのアーティストに愛用されています。Depeche modeやMadonna、Linkin Park、the Prodigyなどのアーティストは、Virusをツアー・セットに組み込みました。
SashaやPete Tong、Roger SanchezやDr. Dreなどのプロデューサーは、自身のスタジオのメイン・シンセサイザーとしてVirusを導入しています。
さらにHans ZimmerやJames Newton Howard、John Powell、Mark Ishamといったコンポーザーは特に熱狂的なVirusユーザーとして知られており、ハリウッド映画のサントラなどにもVirusサウンドを耳にすることができます。


主な仕様

・大型LCDフルドットディスプレイ
・32個のノブ、43個のボタン、73個のLED
・25〜110の同時発音数(パッチ構成によって異なります)
・RAMエリア1024、ROMエリア3328のシングルパッチ
・128のマルチパッチ(うち16はシングルパッチ埋め込みタイプ)
・6つのバランス出力(最大192kHz/24-bit)
・2つの入力(24-bit)
・1系統のS/PDIF入出力(44.1/48kHz)
・MIDIイン/アウト/スルー
・USB端子
・Atomizerモード(DJスタイルのスライス機能)
・トータルインテグレーション(USB接続によりプラグインシンセとして動作)


●店舗へのご来店について webご案内の該当商品が店舗に展示していない場合がございますので、店舗ご来店にて商品をご購入・ご確認をご希望の際は事前に店舗あてにご確認ください。 楽器の詳細及び通信販売の手続き方法で不明な点は、 お電話かe-mailにてお問い合わせ下さい。
全国通信販売も承ります。楽器の詳細及び通信販売の手続き方法は、お電話かe-mailにてお問い合わせ下さい。お問い合わせは下記までどうぞ!!クロサワ楽器御茶ノ水駅前店 電子楽器フロア東京都千代田区神田駿河台2-2-2 TEL 03-3293-5627eki@kurosawagakki.com

 
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
214,815円 (税込232,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

CONTACT
プロジェクトを相談する